読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lsyncdで複数のホストに対して同期を取る

lsyncdの同期先を複数のホストにするときのconf設定。
意外に情報がなかったんでちょっとメモ。

/etc/lsyncd.conf

OSはCentの5.6でrpmforgeを使ってyum installしたときのlsyncd。


サンプルをコピーして

# cp -ip /usr/share/doc/lsyncd/lrsync.lua /etc/lsyncd.conf


サンプル中のstatusIntervallがstatusIntervalのタイポってまじなの・・・?(「l」が一個多い)
まぁどうでもいいけど


編集後

#cat /etc/lsyncd.conf
----
-- User configuration file for lsyncd.
--
-- Simple example for default rsync.
--
settings = {
        statusFile = "/tmp/lsyncd.stat",
        statusInterval = 1,
}

sync{
        default.rsync, 
        # syncさせるディレクトリ
        source="/foo/bar/", 
        # 宛先ホストと対象ディレクトリ
        target="192.168.1.2:/foo/bar/",
}

sync{
        default.rsync, 
        source="/foo/bar/", 
        target="192.168.1.3:/foo/bar/",
}

sync{
        default.rsync, 
        source="/foo/bar/", 
        target="192.168.1.4:/foo/bar/",
}

こんな感じで単純にsync{ }を複数つくってやればいいみたいです。